人気ブログランキング |

やっぱり刺繍(^^)

こんばんは!
とうとう令和になりましたね。
おめでとうございます102.png
令和もまた、戦争のない時代となりますように。

さて。

時代が変わろうとも、
やっぱり刺繍をしている刺繍バカ。

作ったものの、不満だらけだったらんちゅうさんを、
何とか自分では納得できる形にしました。
少し修正したい部分もあるけど、
締め切りの関係で見ないことにします105.pngしつこい!

顔がなかなか決まらず、整形しまくり、
結局あっさりパーマ頭になりました103.png

あー、サイがいたら試し縫いラクなんだろなー、
早く来て〜113.png

やっぱり刺繍(^^)_e0385587_02013848.jpeg

青楓はEー刺繍工房の和柄CDより。
番号は真珠船さんの糸番号です104.png
流水はまだこの時点では未完成。
金魚は毎度75ロバートです。

あと、ハスクバーナルビーDXのキモである、
deluxeシステムをいまさら検証してみました。

やっぱり刺繍(^^)_e0385587_02090622.jpeg
やっぱり刺繍(^^)_e0385587_02092346.jpeg

家庭用ミシンは、下糸調子が調整出来ないので、
上糸で調整します。
ハスクのダイヤモンドしか無かった時は、
3D金魚さんは、上糸調子を細かく調整して縫っていました。
尻尾は透けてるので、裏表とも、同じ糸調子にしないといけなかったので。
しかしそれをオーガンジーですると、目飛びがしやすく、
失敗も多くて大変でしたが、
DXシステムは、いわゆる「マジックかけ」のように、
糸閉まりを良くするシステムなので、
上糸を緩めても、ひと針ごとに、
上糸の繰り出し量を調整して押さえてくれるので、
目飛びがしなくなります。
かつ、フンワリ仕上がります。

逆に言うと、オーガンジーのような、薄くて繊細な生地を使わない人や、
自分でデータを作らない人にとっては、
あっても無くても大差ないシステムなんじゃないかと(笑)

今回、検証に使ったのは、らんちゅうさんのズラ…じゃなくて肉腫部分ですが、
ニュートラルである50%で縫うと、
普通にペタッとした印象。
数字をどんどん少なくしていくと、
見た目も手触りもフンワリ110.pngでした。

やっぱり刺繍(^^)_e0385587_02290078.jpeg

わかるかなあ?


ご覧いただきありがとうございました。
時代が変わっても、
皆様どうぞよろしくお願いいたします‼️





by sov18-ra2 | 2019-05-01 01:51 | ミシン刺繍 | Comments(0)