人気ブログランキング |

細雪1959

こんばんは!
数日前に、自分のミスで刺繍ミシンを故障させてしまいました。141.png
現在入院中です。
サラッっと書きましたが、ショックで夜眠れませんでした…。
データ作りはしてますが、
悲しみのあまり数日モチベーションが下がってしまい、
久しぶりのブログとなりました(笑)



今日は、息子をばーちゃんに預かってもらい、
姉と夫と三人で、芦屋のルナ・ホールに「細雪」を観に行ってきました。

細雪1959_e0385587_21255067.jpeg

谷崎潤一郎さんの有名な長編小説です。
ホールのある、芦屋川周辺が舞台になっています。

姉と夫は谷崎ファン。
私は「刺青」くらいしか読んだことがなかったのですが、
結婚してから、夫の影響で、
「細雪」と「陰影礼賛」を読みました。
「痴人の愛」は、なんだか生理的にキモチワルくなって…、
途中で挫折してしまいました148.png
いつか続きを読みたいと思います。

映画は1959年の作品で、
執筆当時の風景がまだまだ残っている時代の撮影ですので、
作品世界に入り込んだようで、最後まで没頭してみていました。
作品のクライマックスは、
伊勢湾台風の影響で、実際に芦屋川が氾濫したシーンを
再現しているのですが、
すごい迫力で、本当に氾濫した川で撮影したのかと
勘違いしたくらい!!

今と違って、CGはありません。
ゴジラが壊すような、ミニチュアの特撮撮影なんですが、
家や荒れた川の流れる様子なども、すばらしく、
最近の、いかにもCG!と違って、職人さんの血が通っているように思いました。

上映後に地元の「レスカエコ・ビゴ」でランチをしたのですが、
氾濫シーンが良かったなあ!という話ばかりになりました(笑)
作品もとっても良かったんですよ128.png
昔の女優さんは色気がむんむんですね!
今の女優さんは、女性に好かれなくてはいけませんが、
当時の女優さんは
男性に好かれるルックスや所作が求められたのかな?と思ったり。

その後、山芦屋まで坂道をヘーコラ上り、
滴翠美術館へ。
大阪の財界人、山口吉郎兵衛さんの邸宅を一部開放して
氏のコレクションが展示されています。

今は、旧暦のお雛様の節句にちなんだコレクションが展示されていました。
色んな種類のかるたやお雛様が展示されていて、
目の保養157.png

こちらは半地下みたいになった一階に、大寄せのお茶室があるのですが、
なんとつくばいが西洋の噴水でした(笑)
なんつーモダン!!
写真撮影禁止なのでありません、すみません。

芦屋川に戻ってから、川沿いの「ダニエル」という人気のカフェで
ケーキと紅茶をいただきました!
そこで路駐してる車がね…、みんなベンツなんですよね…。
山から下りてくるときも、豪邸ばかりなんですけども、
駐車場にはベンツとレクサスとたまにポルシェとかね。
軽とかあんまりないんですね…。

細雪1959_e0385587_21264441.jpeg


オシャレなブティックやカフェ、しゃれたマンションに邸宅…。
ゆったりして人も景色も素敵なところでした。
阪急芦屋川周辺110.png


ご覧いただき、ありがとうございました。


Commented by nikonikosachiko at 2018-04-16 09:33
N子様、大切な刺繍ミシンの入院お見舞い申し上げます<m(__)m>悲しいですよね!!!寂しいですよね!!!でも、大丈夫。プロはちゃと直してくれます(^^)v
それより心配なのは、入院費・・・ミシン保険って無いもんね(笑)早く完治して戻ってくることを、心よりお祈りしています☆彡
Commented by sov18-ra2 at 2018-04-16 09:43
さち子さん、ありがとうございます😊
お見舞いありがとうございます!
ミシン保険‼️グッアイディア‼️ですね。
共済みたいに、月二千円くらいならマジで入りますよ!(笑)
メーカー送りになったら間違いなく諭吉さんがサラサラ〜😅
外車は部品もメンテも高いですね。
それでも、早く元気になって帰ってきてほしいです😭寂しい‼️
by sov18-ra2 | 2018-04-15 22:24 | 生活 | Comments(2)